ミュージカル「ジキル&ハイド」

ミュージカル「ジキル&ハイド」

ミュージカル「ジキル&ハイド」

石丸幹二と柿澤勇人がWキャストで主演を務めるミュージカル『ジキル&ハイド』が2023年3月に再演!
さらに豪華キャストの出演が決定。


2001年の日本初演から上演を重ねてきたミュージカル『ジキル&ハイド』が、23年3月に東京国際フォーラム ホールCにて待望の再演を果たす。初代の鹿賀丈史からタイトルロールを引き継ぎ、10年以上にわたって主演を務めてきた2代目の石丸幹二は、今回で有終の美を飾る。そのバトンを3代目の柿澤勇人に繋ぎ、本公演は両名によるWキャスト体制で上演。そして、このスリリングな物語を彩るプリンシパルキャストが決定した。

ジキルとハイドの間で揺れ動きながらも破滅的な運命を辿る娼婦のルーシー役に、『メリー・ポピンズ』タイトルロールなどミュージカル界でのさらなる活躍を見せ、前回の好演も記憶に新しい笹本玲奈と、元 宝塚歌劇団雪組トップ娘役で、退団後も抜群の歌唱力を武器に目覚ましい活躍を続ける真彩希帆。そしてジキルの婚約者で彼を一途に信じ、支え続けるエマ役に、音楽活動だけでなく舞台にも活動の幅を広げ、本作でグランドミュージカル初出演となるDream Amiと、乃木坂46在籍時からその演技力・歌唱力に定評があり、卒業後も多くのミュージカルで着実なステップアップを見せる桜井玲香。出自の異なる4名がルーシーとエマという対照的なヒロイン像を鮮明に描き出す。

ジキルの親友でストーリーテラーでもある弁護士アターソン役は、『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役をはじめ確かな歌唱力で数多くのミュージカルに出演してきた石井一孝と、『リトルマーメイド』エリック役で日本オリジナルキャストを務めるなど確かな実力と人気を兼ね備える上川一哉。エマに想いを寄せ、ジキルと対立するストライド役に、2011年の石丸版初演より同役を演じるベテラン畠中 洋。研究にのめり込んでいくジキルを心配しながらも支える執事 プール役を、紀伊国屋演劇賞や読売演劇賞に名を連ねる名優 佐藤 誓。そしてエマの父親で病院の理事であるダンヴァース卿を、映像作品からストレートプレイ、ミュージカルまで硬軟自在に演じ分ける実力派 栗原英雄。

恐ろしくも美しい物語を豪華キャストと流麗な楽曲で鮮烈に描き出す、2023年版『ジキル&ハイド』に是非ご期待下さい。


注意事項

  • 未就学児童入場不可。
  • やむを得ない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
  • 公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。
  • 営利目的の転売を禁止しております。必要に応じて興行主にお客様の個人情報をお伝えする場合がございます。


公演概要

日程
2023年3月11日(土) 〜3月28日(火)
会場
価格
S席(土日祝) 14,000円→12,000円
S席(平日) 14,000円→10,500円
キャスト
ヘンリー・ジキル/エドワード・ ハイド(Wキャスト):石丸幹二、柿澤勇人
ルーシー・ハリス(Wキャスト):笹本玲奈、真彩希帆
エマ・カルー(Wキャスト):Dream Ami、桜井玲香
ジョン・アターソン(Wキャスト)石井一孝、上川一哉
サイモン・ストライド:畠中 洋
執事 プール:佐藤 誓
ダンヴァース ・カルー 卿:栗原英雄 ほか

※キャストスケジュールは公式サイトでご確認ください。
受付開始
12月1日(木)10:00

公演スケジュール

発売中

先着順

先行

優待

東京国際フォーラムホールC(東京都)

アクセスを見る


チケットを購入する

チケットを購入する